月別アーカイブ: 2014年10月

テレビシーズンのデータが今季いかに変化するかの5つの予想

【出典】2014/10/31

http://adage.com/article/media/predictions-data-change-tv-season/295670/

現在、ビックデータが市場を支配している。マーケターが仕立てられたメッセージを使って限られた消費者をターゲットにするというアイディアは別段新しいことでもなんでもないが、テレビのような従来のメディアはこのやり方が流行り始めるまで余計に時間がかかっている。

 

アクセス型のテレビは全く新しいアイディアではないが、人々から受け入れられるまで少し時間がかかっているものもある。多くの人は未だ従来のテレビのキャンペーンをみて生活しているが、これらのプログラムの洗練さを強めることが過去10年間最優先だった人々もいる。実際、セットトップボックスを介して消費者を限定することをよく研究している業種もある。従来のメディアのあり方に重きを置いている車会社や保険会社はアクセス型のテレビに適応させるのが時期尚早なのかもしれない。現在、彼らはデジタルチャンネル内で消費者を絞ったテレビのキャンペーンに注目している。

 

テレビは広告主が一番予算を割く分野であるが、現在は業種全体での売買をテレビ広告にのみ頼るという時代から変化してきている。

 

  1. 第三者のデータが新たな通貨となる

 

一人の人間として我々は年齢や性別以上の何かで定義づけられている。では、なぜこの基準がテレビ広告を購入する上で一般的なやりかたなのだろう。アクセス型のテレビがキャンペーンをしているブランドは、第三者のデータを適応させることで、裕福な消費者のプロフィールを形成しより正確にターゲットを絞ることができることを知っている。デジタルチャンネルは視聴者の中からこのような正確なターゲット層を絞り出すことができる。テレビは、データやメディアが広告を買うプロセスが異なることからデジタルキャンペーンから外されて考えられることが多い。

 

第三者のデータが広告主に視聴者を理解させ視聴者のターゲット層が何であれチャンネルを通してキャンペーンを広げることが可能になっている。そして現在、我々は第三者のデータを介してプライバシーを侵害せずにデータを適応させる技術を手にいれた。これで、広告主が住む場所やオンラインでの行動、ブランドの好みなどすべての情報を踏まえた上でターゲットを絞ることが可能になった。

 

  1. データがどのメディアを使うかを決定づける大事な鍵となる

 

今日の消費者はキャンペーンから逃れる方法をしっている。彼らはコンテンツを消費をコントロールしている。しかし、そうは言っても消費者全員が全てのチャンネルにこれを実践しているわけではなく、本当に効果的にターゲットを絞っているキャンペーンは理想の視聴者の好みのチャンネルや行動を反映させている。

 

マーケターは自身のCRM (Customer Relationship Management: 顧客情報管理)やパートナー、第三者のデータ等、視聴者を分析しそれぞれのチャンネルに適したキャンペーンを進めるツールを活用することに専念する必要がある。消費者の中にはテレビがメディアミックスの一部だと考える者もいるが、これらのターゲットを絞り込む技術こそが成功の鍵なのだ。

 

 

  1. 閉回路の分析が基準となるだろう

広告主に必要なことはどのメディアを買うかを決定づけるために消費者の好みのチャンネルを理解することである。しかし、実のところROI (Return on Investment: 投資収益率)も理解しなげればならない。もちろん、テレビはキャンペーンを改善する点において注目せざるを得ない媒体であるが、広告主が明白な結果なしでつぎ込める金額は限られている。マーケターは彼らの出費に見合う価値のあるものであると証明できるデータを重要視した証拠が必要となる。

 

テレビにおける閉回路の分析が新たな基準となるだけではなく、マーケターは様々なメディアを通した概要を把握する必要もあるだろう。彼らはオンラインとオフラインでの視聴者の動向やチャンネルの影響を深く理解する必要があるのだ。

 

  1. プライバシーが重要なトピックになろうだろう

 

プライバシーは市場戦略の中で最重要の課題である。テレビにおいて、アクセス型テレビが登場し主流となったことに対し、プライバシーやコンプライアンスがいかに提起されるか強調されることが見込める。

 

ブランドは彼らの所有するデータと第三者のデータが、正確でプライバシーやコンプラインアンスを遵守していることを徹底づけなければならない。

 

  1. テレビはもはやただのテレビではなくなるだろう

 

市場サービスを調査する会社Experianの報告によると、過去4年間でワイヤレスに移行する人々の数が44%にまで上昇しているらしい。従来のテレビは未だ根強い人気を誇るが他のビデオエンターテインメント等はすでに影響を受け始めている。NetflixやHuluのような現在急上昇中の会社により、アクセス型テレビはケーブルテレビのみをターゲットにするものではなくなってくるだろう。新たなメディアの到来により、メディアミックスにおける市場を形成する上で、他のテレビの行く末というものを考え直さなければならない。

SlackはGoogle Ventures とKPCB から1.2億ドルの資金調達に成功、事業価値は11.2億ドルに

【出典】2014/10/31

http://techcrunch.com/2014/10/31/slack-confirms-120m-fundraise-led-by-google-ventures-and-kpcb-at-1-12b-valuation/

44

Stewart Butterfieldによって共同設立された企業の協同プラットフォームのSlackは今日、Kleiner Perkins Caufield & Byers とGoogle Venturesを筆頭に、過去の投資家であるA16ZやAccel Partners、The Social+Capital Partnershipも参加し、それらの投資家から1.2億ドル近くの資金を得たと発表した。この資金集めについて、私たちは先週、最初の報道を行った。

 

資金調達後の事業価値は11.2億ドルになった。

 

同社は現在、合計で1.8億ドルの資金を得ている。これは、このサービスが今年の初めにベータ版をリリースしたことを考えると驚くべき額だが、その時からこれだけの資金を得る牽引力のほうが驚きである。

 

同社によると、このSlackというサービスには毎月3万のアクティブチームがおり、7万3000人以上のアクティブユーザーが有料登録をし、2億以上のメッセージが交わされているという。明らかになったことは、同社は無料ユーザーから有料ユーザーに移行させるために確かな仕事をしているということだ。有料ユーザーには、基本的にそのプラットフォーム上でより多くの容量を得られる。そして、人々にサービスを利用し始めた当初の熱意がなくなっても、30日、60日、90日という区切りを超えて使い続けてもらえるような、様々な取り組みを行っている。そして、それらは現在、月に100万ドルの経常収益を持ち込んでいるとも発言した。

写真共有サービスのFlickr(今はYahooの一部である)の共同設立者でもあったButterfieldは、初期のゲームスタートアップ「Glitch」の副産物として、距離的に離れたチームメンバーがお互いにコミュニケーションするための方法として、このサービスをスタートさせた。Glitchはなかなかうまくいかず、彼らはSlackが持続性があるものかどうか、またButterfieldの言葉を借りると、このサービスがより広くトレンドとなりうるかどうかを考えることを決めた。

 

「この世界は、人々がどのようにコミュニケーションをするかについての、100年のシフト期間の初期段階にある。そして私たちはその境界線を押し上げる決意をしている」とSlackのCEO兼共同設立者であるStewart Butterfieldは述べた。「全く新しい製品カテゴリーのリーダーとして、私たちは今まさに巨大なアドバンテージを持っている。次の6カ月から18カ月の間は、成長のために非常に重要であり、今回の資金調達は、Slackの勢いがずっと続くように、私たちに無限の柔軟性を与える」

 

今回の投資の一部として、KPCBのJohn DoerrおよびGoogle VenturesのM.G. Sieglerは、現在の取締役会の側近のオブザーバーとしてSlackの取締役会に参加している:その構成員は、Butterfield, Andrew Braccia (Accel), John O’Farrell (Andreessen Horowitz) and Mamoon Hamid (Social+Capital) である。

「私たちはこれまで、こんなに多くのユーザーがソフトウェア・プラットフォーム企業を愛するところを見たことが無かった」とDoerrは述べた。「Slackを使えばあなたのチームのコミュニケーションの全てを一つの場所で行うことができ、すぐに検索が可能で、どこに行っても使うことができる。Eメールを減らせるので、生活はよりよいものになるだろう」

 

スターバックスは来年、コーヒーのデリバリーサービスを開始する

【出典】2014/10/31

http://www.theverge.com/2014/10/31/7136855/starbucks-will-begin-delivery-service-next-year

43

優良顧客のために、セレクト・マーケットでの計画を開始

スターバックスは、コーヒーとフードのデリバリーサービスをセレクト・マーケットにおいて、eコマース事業拡大の一部として、来年に開始する。CEOであるHoward Schultzは昨日、毎季の収益会議の間に同社の計画を明かし、今年度末にリリースされるモバイル注文・支払いアプリを通じて、ロイヤリティプログラムのメンバーが配達サービスを利用できることになると述べた。

 

「毎日、あなたのデスクに暖かいスターバックスの飲み物が配達されるようになるのを想像してください」とSchultzは言った。「これは、eコマースをより強力にする私たちのやり方だ」

 

スターバックスのグローバルチーフストラテジーオフィサーのMatt Ryanは、同社はこの計画を2015年の下半期の間に導入するために「フルスピードで前へと進んで」いるのだが、この配達プログラムはまだ「時期尚早だ」と付け加えた。このサービスは成功しているモバイル支払いアプリを含む、スターバックスが最近ローンチした一連のモバイル関連事業の最新のものとなっている。

 

飼い犬とのより良いコミュニケーションのために、研究者たちはウェアラブルセンサーを使用

【出典】2014/10/30

http://www.engadget.com/2014/10/30/nc-state-dog-human-communication/42

あなたの仲間である愛犬にしつけや命令をしても、それが上手くいかないときが時々あるだろう。でも、未来ではそれがもっと簡単になるかもしれない。ノースカロライナ州大学の研究者たちは、ガジェットに対するちょっとした知識によって、彼らのコミュニケーションスキルを改善するための方法の開発に取り組んでいる。研究チームは、双方向におしゃべりするための技術を搭載したハーネスを開発し、犬の行動のサインを拾うため、姿勢を監視するセンサーも搭載した。また、容易にシグナルを理解できるように話し言葉を解釈するソフトウェアと同等の、人の部分を強化するように組み込まれた触覚に関するアイテムも搭載されている。

 

会話の解釈に加えて、このハーネスは心拍数と体温のセンサーも備えている。それは飼い犬の健康状態を監視し、感情の状態を把握するためでもある。アプリケーションは広く使用可能で、このデバイスはカメラや、捜索やレスキューなどの仕事のためのマイクロフォンのようなアイテムによってカスタマイズできる。現在、フル機能のプロトタイプが完成しているが、制作グループは試作が続いているので、デザインを改良し続けることを計画している。「このプラットフォームは驚くべきツールであり、私たちは、犬と飼い主の結束をより強めるためにこれが使われることにわくわくしている」とノースカロライナ州の動物行動学の教授であるDr. Barbara Shermanは述べている。

AlibabaのJack Ma氏がハリウッドに馳せる思い

【出典】2014/10/29

http://blogs.wsj.com/digits/2014/10/29/alibabas-jack-ma-romances-hollywood/

57

Jack Ma氏は今週ハリウッドを視察し、ハリウッドスタジオやNBAの試合を観戦したが、彼はもちろん観光に来ていたわけではない。

 

情報によると、映画やビデオオンデマンドのビジネスをも有する中国の巨大eコマースAlibaba Group Holdings Ltd.の会長は、Sony pictures Entertainmentや、Universal Pictures、Twentieth Cenury Fox、Paramount Pictures、Lions Gate Entertainmentのようなハリウッドスタジオと話し合いをするようである。

 

Alibaba社のスポークスパーソンはそれについてコメントを控えている。

 

火曜日に行われたSonyのエグゼクティブとの話し合いで、Ma氏は中国国内で教養的に重要な映画を製作したいと考えていると述べた。情報に詳しい人物はまた、今後の公開を2社の合同融資で行う可能性を示唆した。

 

Ma氏は彼の会社の所有するVODプラットフォームを含めた同じような話し合いを他のスタジオエグゼクティブと行う予定だ。中国の映画館で検閲の関係で上映されない映画でもAlibabaのVODサービスでは視聴することができる。7月に中国にてAlibabaのセットトップボックスサービスを介した新たな視聴サービスによる映画の取引が行われたとLions Gateが発表した。

 

Lions GateとAlibabaのベンチャーは中国で、すでにハリウッド映画やアメリカのテレビ番組を放送しているVODビジネスの内の一つにすぎない。

 

Ma氏は火曜日に三大タレントエージェンシーの一つWilliam Morris Endeavor Entertainmentの共同最高経営責任者であるAri Emmanuel氏とPatrick Whitesell氏とLos Angeles Lakersの野球ナイター観戦に姿を現した。三人はWMEのクライアントに対するAlibabaとの仕事や中国でのビジネスの機会について話しあった。

 

Laguna Beachにて月曜日の夕方に行われたWSJ.D Liveの会議で、Ma氏はアメリカを超える世界最大の興行市場を持つ中国を代表して映画業界とのパートナー契約を結びたいと考えていると述べた。

 

DVRが番組打ち打ち切りを防いでいる

【出典】2014/10/29
http://variety.com/2014/tv/news/dvr-ratings-helping-struggling-new-tv-shows-stay-afloat-1201341462/49

ABCは転換期を迎えている。CBSは検討していた4番組全てを正式に制作することを発表した。Foxは新番組Gothamでつききりだ。NBCは、コメディ番組の調子はいまいちだが、彼らの強みであるドラマ番組は順調だ。

 

結局、ブロードキャストネットは、特に目立っているABCの「Black-ish」「How to Get Away With Murder」、CBSの「Scorpion」を筆頭に、今シーズン好調な幕開けを果たした。ABCでは、先週さらに2話の放送を追加した「Black-ish」が「24」に並ぶ勢いが好調のようである。Alphabetは、コメディー「The Goldbergs」と他6つの番組のためにエピソードを追加した。

 

新しいシリーズはどれも最初の一ヶ月は生き延びている。-CBSの「We Are Men」、ABCの「Lucky7」、NBCの「Ironside」など、昨年枯れ葉が落ちきってしまった時期とはだいぶ違う。
この理由には、良質な番組と不発の差が分からないほど同夜の視聴率が低下したことが考えられる。もしくは、改良した生き残りレートが決定打を下す前のさらなるタイム変更データのための、ネットワーク待機の可能性もある。さらに言うと、スケジュールを割くこと、新しい番組を市場に出すことは、単純に経費が高すぎるということなのかもしれない。
あるいは、上記の全てが起こりうる。ABCの「Selfie」、NBCの「A to Z」、そしてFoxの「Red Band Society」「Mulaney」は全て、昨年の打ち切り作品として、Nielsenで低視聴率を叩き出した。しかし彼らにとっては予想していたよりも十分長く続いたのではないだろうか。
Foxのとんでもない野心の塊であるリアリティー番組「Utopia」は、今シーズンの次なる災難だろう。ABCが「Manhattan Love Story」を10月24日に放映開始した後、Foxの「Utopia」が11月も生き残れるとは言い難い。

 

「Mulaney」はそこまで良いクオリティを成していない。そんな中、「Red Band Society」は

延期した視聴がどのように、ヒットとミスを判断することを難しくさせるのか、ということを上手く描写しているシリーズだ。

50

テレビ番組視聴者全体により良い映像をメディアが提供することを試みる中で、ABC、 CBS、 NBCがFoxは翌日の視聴率考察のLive+7プロジェクトにこの秋参加する。これらの予測は、20%もしくはそれよりさらに外れる可能性もある。-しかし彼らは生き残りそうである-。
DVR録画再生は不思議なほど、わずかな同夜視聴率を打ち出す番組においては何もできず、そこまでの話題を持たない。

「Manhattan Love Story」がいい例だ。9月30日付けの視聴率は、18歳から49歳までの視聴者は1.3と低く、週間スクリプト番組の間では、Live+7で最低であることを立証してしまった。(0.2に過ぎない上昇だ。)最近の結果において、同夜視聴率を0.7%へと落とした。そして、ABCがさらに番組の脚本を依頼した後でさえ、人員の削減を余儀なくされている。
これは、なぜFoxが、Red Band用にさらに4つの脚本を依頼したかという部分について説明している。―それはもちろん、スティーブン·スピルバーグ監督のAmblinテレビとABCスタジオオが製作しているということもあって―20th Century Fox TVプロダクションとそのネットワークにおける、リーダーシップの合理化に殉ずる外部のスタジオサプライヤーたちからの制作をするためにFoxは、その開放性を論証したい。
GothamとMurder両者の初回公開は2フルデモ視聴率ポイント以上のL+7を得た。Murderは、初回公開から7日間に及んで7ミリオン近い視聴者が視聴し、USテレビレコードを塗り替えた。
また、今調子良く進んでいるのは、CBSのMadam SecretaryとNBCのThe Mysteries of Lauraだ。昔からの歪みは、それでもなお、フルスクリーンの回復を得るために、25歳から54歳のアダルト世代において、十分にパフォーマンスをしっかりと示している。
ScorpionやMadam Secretaryに加えて、CBSは、母体が率いる強硬な保持力を見せている近頃のStalkerとNCIS:New Orleansを改変した。
NBCは、3つのコメディーに乗り出した。そして、そのドラマの大物、Katherine HeiglのState of Affairs(初公開11月17日)は、まだ水面下にある。木曜日、日常生活ドラマ、A to ZのようなBad Judgeは良くて二流止まりである。しかし、両番組と彼らの大物スター達には内部からのサポートがある。JuryはMarry Me(10月14日公開)を旅立った。
タイム変更とスケジュールの操作の今季の中で、おそらく、全ての最も大きな驚きは主要なネットワークは赤信号よりも青信号を点滅させているということだ。-今のところは。

スマートフォンからTaco Bellを注文できるなんて一大事だ

【出典】2014/10/29

http://tech.co/ordering-taco-bell-smartphone-big-deal-2014-10

40

多くの大人と同じように、私はひそかにファストフードが大好き(非難するならどうぞ)なのだが、何としてでもそれを避けている(例外はある:空港、2日酔い、恋人との別れ)。だから、Taco Bellが今週に新しいアプリを発表した時、私の中にいる12歳の太った女の子は飛び上がって喜んだのだ!

 

この新しいアプリを使えば全国どこにいても事前にメニューを注文することができるし、それらの食事はカウンターかドライブスルーで受け取ることができる。おそらくこれはかなり流行するだろう。ファストフードの顧客は若い層がベースになっているし、彼らは毎日スマートフォンを使っているからだ。彼らはコアな層にターゲットを置いている。

 

情報サイトVergeによると、Taco Bellはこの規模においてモバイルでの食事注文を提供する初めての大きなファストフード業者だが、他の業者もパイロットテストを行ってきた。そう、あなたがビックマックを深夜にスマートフォンで注文できるようになるのは時間の問題だ。Taco Bellアプリはメニュー上のすべての成分を顧客に提供し、さらにいくつかの限定メニューをアプリを通して提供する。ヘビーユーザーのために、来年の早い段階でロイヤリティ・プログラムを発表する計画だ。

 

「あなたは他の誰も注文できない製品を注文できるだろう」とTaco BellのデジタルマーケティングおよびプラットフォームのシニアディレクターであるTressie LiebermanはUSAのTodayに語った。

 

彼らの戦略の一部として、Taco Bellは一時的にウェブサイトやソーシャルメディアのアカウントをブラックアウトさせた。これらのアカウントは現在、Taco Bellの新しいアプリをプロモーションしている。ほとんどのIT企業がそうであるように、彼らもまたプレス用に独占ライブ告知を行った。

 

そう、栄養価ゼロかつ相当なカロリーの一食を消費するのは、私の健康には悪いことである。しかし私は列を避けて、気ままに食べたい。

FCCの大きな規則改変はインターネットテレビを現実的にする

【出典】2014/10/28

http://www.theverge.com/2014/10/28/7086201/internet-tv-rule-change-proposed-fcc46

 

インターネットテレビのプロバイダーは今まさに出現し始めているところであるが、彼らはすぐに、伝統的なケーブルテレビと真っ向から勝負できるような活性剤を手に入れることができるだろう。アメリカの連邦通信委員会は規則を選ぶことに関して、インターネットテレビのプロパイダーをケーブルテレビ会社と同じ土俵に置く、という規則の改正について考え始めた。批判的に考えると、それは放送局がインターネットテレビのプロパイダーのコンテンツを使用することを断ることができないということ意味する。

 

代わりに、ケーブル会社と衛星放送会社と同等の力を得るために、インターネットテレビ会社はTVステーションを持つことの交渉が可能になるだろう。それには、希望に満ちているインターネットテレビが、成功のために必要なコンテンツのライセンスを取れないという再発する問題を解決しなければならない。実のところ、FCCはまさにインターネットテレビのプロパイダーを、かつて衛星放送会社の拡大を援助するための場所であった連邦議会に含むために、規則の緩和を考慮しているところである。既に知っているかもしれないが、その規則は、彼らの望むゴールを生み出すことに成功した。この規則の変更は、「マルチチャンネルビデオのプログラミング分配者(MVPD)」として広く知られる会社を含む。

 

FCCの議長であるTom Wheelerはケーブル、衛星、インターネットテレビのプロパイダーが同じようなサービスを提供する限り、それらの事業の差がなくなることを懸念している。「MVPDの定義は、プロパイダーが提供するサービスに注力すべきであり、どのように視聴者にリーチするかということではない」とWheelerは本日のブログに記述している。「21世紀の視聴者は20世紀の技術のみにとらわれているルールに縛られるべきではない」その上、この規則の変更は現在のケーブルテレビのプロパイダーが、オンライン上でも同じ方法で統制し続けることができることを意味する。

 

 

ケーブルテレビ、広告の先行販売額が四年ぶりに低下

【出典】10/23/2014

http://adage.com/article/special-report-tv-upfront/cable-tv-upfront-haul-declines-time-years/295537/

ケーブルテレビネットワークは夏の年間の先行広告枠販売額において四年連続で上昇しつづけてきたが、今年に入って6%にあたる596億ドルも落ち込んだことがケーブルテレビ広告局の発表で明らかになった。

局によると、広告の買手が昨年の先行投資にかけた総額は102億ドルであり2009年と比較すると52%も上昇していた。

70

2013年に入って放送業界は87億ドルと93億ドルの間で広告予算が固定されている。誰の数字を当てにするかによるが、大手4社とThe CWは今夏の先行投資で90億ドル以下に固定される見込みである。業界の総意としても先行投資が弱まり放送業界全体が後退すると予想されている。

「大手の広告主の何社かは、今年の先行投資が例年よりも低下するだろうと予測しており、その理由が「柔軟性」にあると考えられる。 ケーブルテレビ広告局の局長を務めるSean Cunningham氏はこう述べる。「ケーブルネットワークは、ヒット作品におけるブランドとしての様々なプラットフォームの即時性を本能で感じ取っている」と。

広告主は、放送する日時に近づくとより安くなるという分散市場の理論において、先行投資を広告時間に依存するのを控える。また先行投資の資金がテレビではなく他のデジタルプラットフォームに流れているという可能性も考えられる。

Estyがカードリーダー付きで登場

【出典】2014/10/23

http://gizmodo.com/now-etsy-has-a-card-reader-too-164979489765

ハンドメイドマーケットのEstyは、カードリーダー装置をリリースした。この装置は、オレンジ色をしていて、Estyでの決算時に機能するだけではない。なんと他の買い物でカードを読み取らせる際も利用できるという優れものなのだ。

人々はEstyで商品を購入する際に大金を費やす。さらにEstyによると、売り手の35%が自作商品をクラフトフェアなどの市場に商品を並べる。この35%の層はおそらくフェアで自作の商品が売れた際に、SquareやPayPalのサービスを利用し、クレジットカード決算に結び付けているということである。つまりこれは、Squareの場合売上高の2.75%、PayPalの場合は2.7%がそのまま決算サービス会社に取られてしまうということを意味している。しかし今日カードリーダー装置導入により、Estyはこれらを自らの利益に結びつける予定だ。

Estyの発表した新しいカードリーダー装置の最も魅力的なことは、アプリと売り手の在庫システムとを直接連携させるため、在庫状況の誤差が生まれないようにサポートすることができるということだけではなく、このシステムを実際に用いることで、売り手側の節約に繋がるということである。

「このカードリーダーは無料で、スワイプ毎に2.75%の手数料が必要だが、今回の例のようにネットではなく、クラフトフェアなどで直接販売者から購入する場合は、Etsyのトランザクションフィー3.5%は不要になる」とEstyはブログで発表した。

これは非常に画期的である。これから先、この便利な機能により、自分のマーケットでより多くのものを売るようになるだろう。