月別アーカイブ: 2014年5月

Airbnb社の競合会社、高級住宅市場を切り開く

【出典】2014/5/31

http://mashable.com/2014/05/30/luxury-airbnb-alternatives/

Homeaway-Luxury-House

ハワイ州のカイルアにあるこちらの豪邸はHomeAwayを使って週6.3万ドルで借りることができる。

1%の富裕層向けに超高級マンションやコンドミニアムを貸すAirbnb的サービスHomeAwayがローンチする。

本年に入ってオンライン旅行会社のExpedia社に最大のバケーションレンタル会社HomeAwayの物件が掲載されることになった。一方旅行口コミサイトのTripAdvisor もバケーションホームレンタル産業に参入すべく、独自のネットワークを使い、50万以上の物件を追加した。Booking.comもヨーロッパ周辺と米国にある高級物件の貸出を増加している。

HomeAwayは現在95万余りの物件を掲載しており、今後はPR活動に力を入れることで商品の需要を増やす予定だ。「バケーションホームレンタル業界ではHomeAwayが世界で数もその質も高いレベルのセレクションを提供しているが認知がまだ足りない」とHomeAwayのCOO Brent Bellmは話す。

ホテル宿泊費の上昇、ホームレンタル供給の拡大、そしてAirbnbのようなサービスの認知上昇が重なってホームレンタル市場は拡大しつつある。ホームレンタルを求めているユーザーにとっては経済的メリットが最大の要因だ。場合によっては都内のホテルと同等の金額で4LDKのマンションを借りることができるのならそれに越したことはないかもしれない。

3rdHomeが掲載している物件の中にはNapa ValleyのCalistoga Branchにある一泊5000ドルのロッジなどが含まれる。ロッジオーナーからすると、不在中に自身の価値ある資源を活用しない理由はないという。

3rdHomeの人気物件の中にはロンドン、マンハッタン、パリ、アスペン、カリブなどのリゾートマンションが並ぶ。会員制のサイトはまず頭金として2500ドルを支払う。そして取引ごとにレンタル費とは別に400ドルから1000ドルの費用が発生する。

ホテル宿泊費が上昇するなか、多くの富裕層旅行者はシェアリングエコノミーに注目している。自宅や別荘を短期的に交換したり、不在中に貸し出しを行っている。3rd Homeの創業者でありCEOのShealy氏曰く世界にはセカンドホームの保持者が5000万人いる。「もう10年もすると3rd Homeのような会員サービスが一気に増える。例えば、将来的にはリゾート地の別荘開発業は、ホームシェアリングサービスへの無料メンバーシップが売り文句の一つになるかもしれない。そもそも2つ目や3つ目の家を購入する人たちは投資が目的だ。そのため、貸し出すことで収益源を増やすことに抵抗はあまりない。ホームオーナーにとっても新しいビジネスになりつつあるのだ。」

Lionsgate、映画『Hunger Games』のテーマパーク建設プロジェクトを推進

【出典】2014/5/30

http://www.hollywoodreporter.com/news/lionsgate-moving-hunger-games-theme-708150

id_d19_08454_r3

mini-studioは、超大作映画フランチャイズ化が収益拡大につながると睨み、Thinkwellグループと協業してエンタメ施設の建築を考えている。

トロントでは、Hunger Gamesの映画の興行成功はLionsgateがテーマパーク計画と他の新たなビジネスラインを推し進める後押しになっている。

今週の金曜日、mini-studioは、テーマパーク制作会社、Thinkwell Groupと協力し、2015夏に米国にデビューするHunger Gamesについての展覧会ツアーを開催すると発表した。

「ThinkwellはHunger Gamesを始めとする我々の多くのブランドのマーケティング活動のイニシアチブをとっている。」とLionsgate のCEO であるJon Feltheimer氏は第4四半期および通期の決算発表会議にて述べた。

「最初のステップとして、我々は既に、衣装、小道具などHunger Gamesの世界観を最先端の展示会にて表現しています。来年の夏には全米にお見せすることができますよ」と彼は付け加えた。

LionsgateもHunger Gamesのフランチャイズから新しい収益を得る機会としてテーマパークや地元密着型のエンターテイメントコンテンツの開発に注目している。

最初の展覧会ツアーは全米の巨大なミュージアムや展示会場で資料することになるだろう。

Vimeo社、ネットフリックス社やアマゾン社に続き、自社制作番組を開発

【出典】2014/5/29

http://www.cnet.com/news/vimeo-joins-netflix-amazon-with-first-original-series/

Untitled

VimeoはHigh Maintenanceを引っさげて、Netflix,とAmazonの土俵に殴り込んできた。

テレビ番組High Maintenanceはオンデマンドで6つの新しいエピソードを初公開する。元々「High Maintenance」は2013年に公開された番組である。

Vimeoにとって初の自社制作番組はVimeo上で独占配信されると発表した。

「High Maintenance」は2013年に配信を開始し人気ウェブ番組だ。ストーリーは、大麻と市民生活にまつわるものであり、Vimeoオンデマンド上で独占配信されている。既に13話分が公開されており、現ザも無料で閲覧することが出来る。年末には新たに6つのエピソードを公開する予定だ。

Vimeoは優れたビデオストリーミングプロバイダーとしてその地位を確立している。26万人の登録ユーザーを有しており、世界中から毎月1.7億のユーザーがログインする。ユーザーの投稿作品からプロの作品まで掲載されているコンテンツは幅広い。

High MaintenanceはVimeoの最初のテレビ番組であり、これで NetflixとAmazonといった動画ストリーミングサービスを提供する競合他社と真っ向から勝負を仕掛けることになる。Xboxを販売しているマイクロソフトもそうだが、こうしたサービスを提供している会社はおしなべて自社開発した番組に莫大な投資をしている。Netflixは間違いなく”House of Cards” や “Orange Is the New Black”のような人気番組をもってして最初の競争に打ち勝ったのだ。

VimeoのオンデマンドサービスはNetflixやAmazonが提供するストリーミングサービスとは多少異なる。ストリーミング視聴する際に月賦払いを要求するのではなく、Vimeoのコンテンツはタイトル単位で購入が可能となっている。Vimeoが自社開発番組への投資をみると、今後似たような企業がストリーミング市場のシェアを求めて競い合うということの重要性を示唆している。

Vimeoは『High Maintenance』の正式な閲覧開始日とその価格についてのより詳細な情報を発表する予定だ。

ディッシュ社がビットコイン払いの受取最大手に

【出典】2014/05/29

http://www.huffingtonpost.com/2014/05/29/dish-bitcoin_n_5409562.html

US-IT-FINANCE-BITCOIN

(ロサンゼルス・AP通信)ディッシュ・ネットワーク・コーポレーションは、ビットコインによる取引を受け容れる会社として最大手になることを発表した。

同衛星テレビ放送局は、「コインベース(Coinbase)」と呼ばれるデジタルコイン支払いを通じた料金受取を9月までに受付開始する。コインベースでは、通貨変動の影響を受けることなく、ビットコインをすぐに現金化することができる。

ディッシュ社の最高執行責任者のバーニー・ハン氏はこのアイデアをビットコインユーザーの社員から着想を得たと言う。

ハン氏によれば「この支払方法にどれほどの需要があるかはわからい。ただし、コロラド州イングルウッド市に住んで、モバイル機器でライブTV番組を見るような、ハイテクに詳しい顧客層にターゲットに提供したい。」とのこと。

またハン氏は、コインベースの支払い手数料が、ほかの支払い方法に比べて安く魅力的だとも語る。

2014アップフロントマーケット、テレビ局と広告会社の終わらないレート交渉

【出典】2014/05/29

http://variety.com/2014/tv/news/upfronts-2014-tv-networks-advertisers-cling-to-pricing-debate-1201195913/

tv-upfronts

2014年のアップフロント(upfront)* マーケットはまだ本格的に開始しておらず、その理由は明らかである:買い手と売り手が価格について譲らないからだ。

広告社の予算が去年より下がることが予想される。そのためテレビ会社が来年度の広告枠を売る場「アップフロント」で、媒体会社はテレビ会社にレートの高騰の低下交渉を行う。「CPM」と呼ばれる測定は千ビューワーに届くためどれだけのコストがかかるかを計り、テレビ広告の価値を検討するために使用されている。

両方の重役によると広告社とその代表はテレビ会社にCPM増加率の低下を要求しており、それに対してテレビ会社は2013年と同等のCPM引き上げ率、又はそれより少し高いレートを要求している。

この件に関しての問題はここ数十年、広告社が大切にしてきたメディアにある。テレビはマディソン街にとって消費者へ伝達するお気に入りの方法であったが、それより低価格のデジタルを通したビデオストリーミング広告に広告社は目移りしている。2011年に大きくCPMが上がり、リーマンショック以来の回復の兆しを示し、ネットワーク会社は広告収入とスポンサーの新規開拓への興味のバランスを見なければいけなくなった。

アップフロント会議の本格化が次の数日間で早まるかもしれないと予測されている。一人の広告買収(ad buying)エクゼクティブによるとすでにフォックス社(Fox) がいくつかの映画スタジオと契約し、非常に強力な広告サポート(ad support)のカテゴリーを作ると予測されている。そして大手ケーブル会社も同等の事業を開始すると会議の内容を知る者が言う。

だが他社が慎重になる理由が、広告社がまだ2014年度に使用する金額を登録中であり、ネットワーク側もクライアントからの幅広い広告パッケージについてのコールを応答しており、これはまだ両者とも(会議を)始めるつもりではないしるしである。

広告者は最近アップフロントのセッションで優勢にたった。なぜなら2012年と同等のCPM引き上げ率を要請しているテレビ会社のアップフロントプロセスがおくれていることに気がついたからだ。2013年にABCはアップフロント取引のときに、平均CPM引き上げ率を2012年度の6%ー8%と比べ7%ー8%とし、それによってペナルティーを受けたと議論を知る広告買収者は語る。

他社はCPM引き上げ率の価格低下を簡単な足掛かりだと受けている。去年,CBSは平均CPM引き上げ率を7.5%で取引し、昨年度の2012年の8%ー9%;2011年の13%ー15%と2010年の9%−10%に比べ低下した。フォックス社(Fox)は2013年の取引した平均CPM引き上げ率を5%ー7%とし、それに比べて2012年度は7%ー9%、2011年は9.5%ー12%、2010年は8%ー9%であった。

これに関してCW社はアップフロント取引時に2013年の平均CPM引き上げ率を5%ー6%とし、2012年はそれに比べ、5.5%ー6.5%で取引された。2011年、CWはCPM引き上げ率を平均10−12%とし、2010年度の平均は7.5%であった。

これに対してNBCは交渉の場で重荷を抱えている。同社は新たな勢いを”The Blacklist”,”The Voice”と”Sunday Night Football”の成功によりつけ、スティーブ・バルク、同社の親会社のNBCUniversalのチーフ・エクゼクティブはここ数年で大幅に落ちたレーティングによって苦労した同社であるがほかのライバル会社と価格を同等にしたいことを隠していない。2013年、NBCはCPM引き上げ率を7%-8%とし、比べて2012年は5%-7%であった。2011年、NBCのCPMは9%まであがり、2010年は7%も上がった。

今年度のアップフロントでの引き上げ率の低下は放送局にとって難しい時期を長引かせる。過去数年、彼らはデジタル業界との絶え間ない競争と広告社の興味と投資がソーシャルメディア、携帯でバイスそしてセカンドスクリーン行動(視聴者がテレビからタブレットに往復する)に向けられている。

テレビは現在のところまだ一番消費者にリーチアウトしている。だが、広告社はこのアクティビティに打って変わる安めのビデオフォーマットを使用したいと感じている。しかし、広告社がこの勢いにのって行動するかは不確かであるが、この感じのままだとアップフロントは一歩ずつ進めるものになり、数日で終わらない。

マイクロソフト、スカイプを使った自動通訳機能を披露

【出典】2014/5/28

http://mashable.com/2014/05/27/satya-nadella-microsoft-2/

Walt_Mossberg_and_Satya_Nadella1

マイクロソフト社の新CEO Satya Nadella氏は、同社が新たに掲げる新サービスリアルタイム通訳機能について話しをした。

「言葉の壁を取り外したい、という思いは人類の長年の願いだった」とNadella氏は言う。

Nadella氏とSkype社のVice PresidentのGurdeep Singh Pall氏はSkypeの新通訳プログラムSkype Translator pre-betaを披露した。「これまでに誰も試みたことがなかったが、誰もが必要しているサービスだ」とPall氏は話す。

英語は、中国語とヒンドゥー語に続き、全世界で3番目に多く使われている言語だ。多くの国が第二ヶ国語の取得に力を入れるが、それでも会話はままならないことが多く、言葉の壁を越えた会話をしたいと人は思う。3億人のアクティブユーザーがいるSkypeは全国際電話の3分の1を占めるといわれている。もし言語が障害ならなければその数値がどうなるのか想像してみて欲しい。

マイクロソフト社は言語認識市場に疎いわけではない。Windows Phone 8.1のCortana機能にも通訳機能は搭載されており、Xbox 360及びにXbox Oneにも同様の言語認識機能がついている。Miscrosoft Researchから登場するSkype Translatorには3つのサービスが含まれる。言語認識、テキストからスピーチの翻訳、そして機械による自動通訳だ。

「Skypeコミュニティーは巨大だ。Skype Translatorを実用的なツールとして開発するためには完ぺきな技術とエンジニアリングを実現する必要がある」とMicroosft ResearchのトップであるPeter Lee氏は言う。

DSC07736

Skype Translatorの仕組みを説明しよう。使用言語が異なるAさんとBさんが会話をしていたとしよう。Skype TranslatorはまずAさんの言葉を全てテキストとして書き起こす。そしてBさんが理解できる言語に通訳され音声としてBさんに届く。しかも待ち時間を感じないごく自然な会話ができると言う。

Gurdeep_Singh_pall

Aさんが当人の言語で話をしている声はBさんにかすかに聞こえる。その間にSkype Translatorは通訳作業を始めており、最終的には通訳された言語で音声がBさんに届く。しかもこのシステムは「間」を感知できるため、会話が途切れる絶妙なタイミングで通訳をするという。または、Aさんが手動で通訳された音声をBさんに届くタイミングを操作することができる。通訳して欲しい言語は自身で選択する。

またSkype Translatorは学習することができるため、その精度は常にアップデートされる。Skype Translatorは年末にはWindows 8.1のアプリとしてリリースされる。最終的には全てのSkypeアプリに通訳機能を搭載することがゴールだが、具体的なスケジュールは明かされていない。

フェイスブック社CMO、モバイル化する上での最重要要素4点

【出典】2014/5/28

http://adage.com/article/btob/facebook-cmo-s-rules-mobile/293456/

フェイスブック社が2012年の5月に株式公開を行ったとき、モバイルビジネスの発展を疑問視する声が多くあがった。二年の月日が過ぎ、モバイル広告はフェイスブック社全体の59%を占めるまで成長し、その勢いは留まることを知らない。

Untitled

フェイスブック社がCMOというポジションを初めて設け、採用したのは元グーグル社のGary Briggs氏だ。彼は今年シカゴで行われたBusiness Marketing Associationの年次会議でフェイスブックのモバイル戦略について話した。現在同社のモバイルユーザーは10億人を突破している。PCで達成するには不可能な数値だとBriggs氏は言う。

Briggs氏はモバイル戦略がビジネスの主流になることが分かっていた。そして下記にあるのが彼が思う事業モバイル化の最重要要素4点だ。

全チームがモバイルチーム。フェイスブックでは決まりごとだ。打ち合わせで新サービスやデザインをPC上で披露した場合、打ち合わせは中断され、モバイル版が求められる。CEOのZuckerberg氏は言う。「フェイスブックにモバイルチームは存在しない。全員がモバイルチームの一員だ。常にモバイルを想定して考えろ」と。

常にリアルをターゲット。フェイスブックのようにユーザーの日常に入り込んでいるサービスでは比較的安易である。モバイルの特性上、どんなときでもユーザーにメッセージを届けることができるため、想定するのは常にリアルなユーザーであること。

リアルユーザーを捉えろ。2番目の点につながるが、リアルなユーザーがその都度求めているリアルなコンテンツを届けるということが重要だ。

質重視。モバイルが最も効果的にユーザーにメッセージが届く手段になっている。モバイル思考のユーザーに対して企業もモバイルファーストでなくてはいけない。常に高いクオリティのモバイルコンテンツを提供できるようにチームを構成するべきだ。

メディア重役がありえない大金を稼ぐ5つの理由

【出典】2014/05/28

http://www.huffingtonpost.com/2014/05/28/media-executives-high-pay_n_5401472.html

"Charles James: Beyond Fashion" Costume Institute Gala - Outside Arrivals

またもや、メディア会社のCEOが「国内で最も稼いでいる人物リスト」に名前を連ねている。AP通信の調査によれば、トップ10のうち6つがメディア関係の仕事である。報酬に詳しい人によれば、複数の要因が考えられ、メディア株式の増加、水物のビジネスにおけるタレントに対する付加価値の付け方、シェアホルダーの権力の寡占、そして金融セクターの衰退があげられている。

株式のパフォーマンス

膨大な株価の上昇はストック、およびオプションの価値を急騰させる。メディア会社の株式は経済成長とともに増加する広告支出により2008年の不況から強く回復している。すなわち、より高価な広告が、より高収入の重役を生むというしくみだ。

リストに掲載されている6つのメディア会社の株価はみなStandard & Poor500の数値を上回っている。この数字は、FactSetによれば2013年の12月から128%上昇している。

CBS社は脅威の699%という数字を記録している。Discovery Communications 社は539%、Viacom Inc. は377%、ディズニーは250%、Time Warnerは259%、Comcastが223%だ。

「株主が満足していれば、誰が高収入かは気にかけられない」と語るのはCompensation Resources 社のPaul Dorf氏。「文句があるときは市場の調子が悪いときであり、株価が暴落しているときだ。」

タレントの割合

メディアで成功することはヒットを生むことである。重役が全ての決断を下すわけではなくても、お金は彼らのところに集まる。

ディズニーの大ヒット作品「アナと雪の女王」をあげれば、世界中で興行収入12億ドルを記録した。ディズニーのCEO Bob Iger氏が映画を作ったわけではないが、74億ドルにおよぶ2006年のディズニーによるピクサー買収を指揮し、凋落するディズニーのアニメーションスタジオを再建する重役たちを抜擢した。

「映画スタジオとメディアに関して言えば、タレントのビジネスである。どのレベルの人材も、高収入である」と語るのはJohnson AssociatesのマネジメントディレクターのAlan johnson氏だ。「適切なCEOは、違いを生み出すことができるという認識だ。」

投票力

専門家によれば、大株主の投票力のコントロールが投票の影響力を薄めることができるという。力のある株主が、ほかの株主の心配をかき消せるのだ。

たとえば、Sumner Redstone氏はCBSの投票権の79.7%とともにViacomの79.7%をコントロールしており、これがCEO Les Moonves氏(No. 2)およびPhilippe Dauman氏(No. 5)の高収入を支えている。

CEOのBrian Roberts氏はComcastの投票力の33.3%をコントロールしている。Discovery のCEO David Zaslavはケーブルの巨人John Malone氏の下についており、彼は投票権の 28.9 %をコントロールする。

「投票力を持っていれば、同じように交渉する必要がなくなる」と言うのはSteven Hall & PartnersのNora McCord氏だ。

他の産業の衰退

過去のリストには金融会社の重役が名前を連ねていた。大恐慌がこのような会社を政府の救済、銀行の父さん、会計の見直しにより制裁をしたことにより、収入も下がったわけである。

「時を戻ることができたならば、こういうリストの多くに金融系の重役が載っていただろう」とJohnson氏は語る。「もはやその一部ではないのだ」

水準は上昇する

ひとつの会社が報酬をあげると、他の会社も競争力を保つため引き上げる。そのため、重役への報酬の支払いは「横並びで動く」とMcCord氏は語る。

ソフトバンク・孫正義氏が語る米スプリント社のT-Mobile社との合併の必要性

【出典】2014/05/28

http://www.cnet.com/news/softbanks-masa-son-on-why-sprint-needs-t-mobile/

Untitled

有線インターネット通信がコムキャスト社に、無線通信がベライゾン社とAT&T社に独占されていると孫氏は言う。彼はこの状況を再編成したい。

ソフトバンクCEOとスプリント社会長の孫正義氏はT-Mobile社CEOのジョン・レグレ氏のファンだと語る。

先日水曜日、カリフォルニア州ランチョ・パロス・ベルデスにて行われたリコード主催のコード・コンフェランスにて孫氏は「ジョン・レグレ氏を尊敬している」と発言し、会場から喝采を受けた。

CNETに当てたメールにてレグレ氏も「それはうれしいことだ。私も彼(孫氏)を尊敬している」と応じた。

孫氏は通信規定者と大衆に向けた遊説にて「スプリント社とT-Mobile社は合併し、無線通信業界のより強い競争者になるべきだ」と発言している。孫氏は現在のブロードバンドと無線インターネットの通信スピードの遅さをコムキャストがブロードバンドの、ベライゾンとAT&T社が無線通信の業界を独走しているためと批判している。孫氏はこの独走を無線通信業界を始めに休止符を打ち、通信スピードの向上と価格の低下を目指したいと語る。孫氏は事業の合併を特定の会社の名前をださずに発言したため、会談の観客を驚かし、楽しませた。

スプリント社とT-Mobile社の合併は二社の業界の地位を利用でき、余分な情報システムやコストなどの削減でき、価格低下につながる。また、合併によりさらに設備投資費用が見込め、ネットワークの向上等に当てることができるため、Verizon社やAT&T社に対抗できるより強力な会社になりえる。

通信規定者はこの合併の件についてあまり気が進まず、現在の全国展開されている四社による競争の現状維持を望んでいる。通信規定者はT-Mobile社が国内第4位の無線通信会社であり、ここ数ヶ月の顧客数が伸びていることを指摘し、スプリント社との合併は実現しないほうがいいと言う。

だが孫氏は「業界のトップに権力が集中していることが(アメリカの)通信スピードがほかの国と比べると劣り、価格の高さにつながっている」と言う。

孫氏は「通信スピードの速さと低い価格の提供を約束する」とのこと。

孫氏は北京に住む人々が空気の悪さに気づかないことをアメリカの顧客が(アメリカの)インターネットアクセスのひどさに気づいていないことにたとえた。

「シリコンバレーの自宅にいるとき、アメリカ人はどうやって(このインターネットで)生きているんだ」と孫氏は語る。

日本でもNTTDocomoが業界を独占するという似たような状況にあった。孫氏はその状況を打破するべく、低価格の高速ブロードバンドを提供するソフトバンクを立ち上げた。孫氏はアメリカの無線通信業界にて同等のことを行いたいと語る。また彼は「ネットワーク中立性」というインターネットの通信スピードの平等性を大事とする考えに基づいたサービスを提供したいと業界内ではじめて約束した。

しかしながら後にスプリント社はこの発言を撤回している。

「孫氏とスプリント社はネット中立性のコンセプトを支持し、アメリカに革新を起こしたい」と同社は言う。「だが孫氏は合併社にまだ存在しない仮定の構想に対しての傾倒を要求しておらず、彼の発言をそうとらえてほしくない」と弁じた。

AT&Tとベライゾンは孫氏の発言について批判している。二社は同社が提供するLTEネットワークが世界最速スピードであると指摘している。また、同社は面積の広大なアメリカでの全国規模のネットワークの建設の難しさを指摘し、孫氏の経験が日本という面積が小さい国に限定されている、と述べた。

ソフトバンク含有するスプリント社の無線回線のスピードがしんがりを務めていると孫氏は認めた。

「私はまだ6か月しか会社を持っていない」と孫氏は言う。「(ネットワークを建設するのに)数年かかる。まずはネットワークをデザインしなければならない」と氏は語った。

YouTube、クラウドファンディングの仕組みを導入予定

【出典】2014/5/23

http://www.engadget.com/2014/05/23/youtube-crowdfunding/

youtube

YouTubeが動画のコメント欄の記入システムを変更したとき多くの批判を受けたが、同社のユーザー向けサービスの構築に対する高い意識は変わらない。YouTubeは米国時間の5月にクリエイター向けの公式ブログで、これから数ヶ月の間に以下のようなサービスの新展開を行うことを発表した。

・クリエイター向けのYouTubeの機能だけを切り出したモバイルアプリ。チャンネル管理などがこれに含まれる。

・クリエイターが彼らのファンから必要な資金を調達できるクラウドファンディングの仕組み

・ユーザーが協力してキャプションや字幕を60ヶ国以上の言語に翻訳できるクラウドソーシングの仕組み

・新しいコメント管理の機能

・カバーした楽曲のミュージックビデオによる広告収入が、元の音楽アーティストとの間でシェアされる仕組み

・クリエイターが技術を磨くためのコンテンツを紹介する「Creator Academy(英語)」の拡充

同社はこれらの新展開に関する情報を今後発信していき、またGoogle+やTwitterのアカウントでクリエイターからのフィードバックを受け付けるという。