カテゴリー別アーカイブ: ソーシャルメディア

実店舗内にデジタル体験を組み込む方法

【出典】2019/04/08

https://www.thedrum.com/opinion/2019/04/08/five-ways-integrate-digital-store-experiencePicture1

毎日の様に、伝統的な小売企業の倒産や閉店のニュースを目にするが、それは購買体験を刷新できてないからだろうとWarby Parkerの創業者で最高責任者のDave Giboa氏は述べる。

消費者の購買習慣は大きく変わり実店舗を持つ個人商店は衰退していくとメディアは報じている。全ての商品はオンラインで購入できる。そして人々の認識ではオンラインの方が店舗で買うより安い。

だが、単純にオンラインとオフラインの戦いというわけでもない。今日、最も革新的な小売企業はデジタル技術を脅威に感じていない。実際にいくつかの企業ではうまく活用しており、買い手が本当に求めている没入型の体験が出来るブティックを作っている事例も現れている。

では、店舗内でデジタル技術を採用することで、どの様な変化が起こるのだろう。ここではいくつかの変化を紹介する。

驚くほど便利に。

デジタル技術の活用により購買体験はシームレスになるだろう。そう聞くとモバイル決済やワンタッチ決済などを想像するかもしれないが、まだまだ序の口である。McDonaldではチェックアウトのプロセスを早めることを目的にデジタルキヨスクを導入。2020年にはセルフで注文可能なキヨスクをアメリカ全土のMcDonaldで導入する予定だ。

カメラやセンサー、ビーコンなどを備えたAmazon Goストアが登場した当初、賛否両論だったが、支払いの必要のないスムーズな購買体験は新たな可能性を提示した。そして2019年は顔認識システムを利用して消費者の購買履歴や嗜好を判断するツールがブームになると考えられている。Picture1

コントロール可能に。

顧客がアドバイスやインスピレーションを求めている時は彼らをサポートする方が良い。オフラインとオンラインの融合は、小売店に顧客・商品のコントロール可能な範囲の拡大をもたらす。例えば、顧客とのやり取りや取引を容易にするためにタブレットを用意するなどである。

コミュニティーの形成。

テクノロジーにより店舗での体験が改善されたとしても、基本的に人々は店舗よりもオンラインで購入することを好む。そのため、他の来店動機を作る必要があるが、その1つの例として店舗を販売以外の場所にすることだ。店舗がブランドコミュニティのハブになり、ソーシャルにリンクすることで更に効果的になる。ライブストリーミングや教育に関するセミナー、もしくはSNSのブランドに対するツイート・ポストをデジタルウォールにアップするなど。

店舗がちょっとした劇場に。

今日のテクノロジーは顧客に対してエンターテイメント性の高いショーを提供することによりオンライン顧客をリアルな世界に引きつけることも可能になった。

VRAR360度のデジタルミラーは、店舗を画期的な展示会へと変貌させる。化粧品ブランドのCharlotte TibutyARミラーを店舗に設置しており、顔をスキャンすることでメイクの詳細を確認出来るようにしている。LEGOは何もない店舗をスナップチャットARを使用することにより商品が登場する施策を行った。予算に制約がなければ、選択肢は無限大だ。

スナップチャットが独自のゲームプラットフォームを6つのゲームタイトルと共に配信開始

【出典】2019/4/4

https://variety.com/2019/gaming/news/snapchat-games-bitmoji-party-1203180205/Picture1

Snapchatを開発したSnapはゲームプラットフォームを立ち上げたことを発表した。さらに、ZyngaやZeptoLabsなどの企業らがそれぞれ手がける6つのゲームタイトルも発表、これにより、同社がソーシャルゲームに以前よりもまして重点を置くこととなった。

 

「昨年、モバイルゲームは770億ドル規模の産業であった」と、SnapchatのプロダクトディレクターであるWill Wu氏は述べた。しかしWu氏は、これらのゲームのほとんどは簡単に他のユーザーとシェアできないと主張し、「みんなが同じゲームをインストールし、一緒にゲームをプレイする友達をさがすことはむずかしいし、チャットをするのも難しい。」と述べた。「そこには、あまりにも多くの問題点がある。」

 

Snap社としての回答は、Snapchat内でゲームを楽しむことを可能にするHTML5ベースのゲームプラットフォームである。ゲームはアプリのグループチャット内に新たに追加されたロケットボタンからアクセスでき、それ以上のダウンロードや登録を必要とせずにアプリで直接起動できる。プレイヤーはテキストチャットを介してリアルタイムで互いにチャットができ、また音声を介して互いに直接会話することも可能である。

Snapchatでゲームの配信を開始するため、プラットフォームの機能を実証するために、Snapは独自のタイトル『Bitmoji Party』を作成した。これは、スナップチャットユーザーのBitmojisをアバターとして使用する一連のミニゲームである。プレスのために披露されたビデオプレビューは、Bitmojiが『American Ninja Warrior』(アメリカ版『SASUKE』のオンラインゲーム)のようなスタイルのチャレンジに挑んでいくゲームであった。

 

Bitmoji Partyは最大8人のスナップチャットユーザーで同時にプレイでき、ユーザーはゲームに参加する友達を招待することができる。このゲームは観客モードもサポートしており、最大24人の追加ユーザーがグループチャットでゲームの様子を見たり、プレイヤーを応援する事も可能である。

 

その他に配信が開始されたゲーム

  • 『Words With Friends』を共同制作したSpry Foxによる『Alphabear Hustle』

 

 

  • マルチプレイヤー・レーシングゲームである、ZeptoLabによる『A.T.S. (Crash Arena Turbo Stars) Drift Race』

 

  • マルチプレイヤー・バトルロイヤルゲームとして紹介されている、Game Closureの『Snake Squad』
  • Zyngaによるシューティング・アンド・ルート・バトルロイヤルゲーム、『Tiny Royale』
  • スナップチャットユーザーがゾンビ世界から生き残ることを目指し戦う、のPikPokの「Zombie Rescue Squad」

Snapの幹部らは記者団に対し、ゲームの量より品質を重視することを目標に、同社のゲームプラットフォームのローンチパートナーは非常に厳密に選考したものであると語った。同社は、すべての開発者にゲームプラットフォームを公開する予定は全くないとのこと 。

アプリ内の課金、購入がない分、Snapchatは収益を得るために広告をつかっているが、その広告にもひねり、工夫を加えている。同社の役員達によると、広告を無理矢理押し込むのではなく、オプトイン方式で広告を載せているとのことだ。

例えば、プレイヤーはゲームを一時中断し広告を観る事によって、ブースト、またはゲーム内通貨を手に入れることができる。

Snapchat on Gamesは世界各地でローンチされたが、同社はスナップチャットユーザーがお互いのBitmojiとの戦いを開始してもサーバーがダウンしないように段階的に展開することを検討している。Snapが同社のゲームプラットフォームを立ち上げる計画がCheddarによって初めて報告されたのは先月のことであった。

インフラ拡大に尽力するFacebook

https://techcrunch.com/2019/02/25/facebook-expands-its-internet-infrastructure-projects/Picture1

毎年、Facebookは携帯通信関連見本市のMWC Barcelonaを起点にインフラプロジェクトを加速させている。FacebookをSNSとして認識する人が多い中、同社は数年前から世界中の人々にネット環境を提供することを目指しインフラプロジェクトを推し進めている。

プロジェクトでは、太陽電池で動くAquliaドローン(現在は終了)やオープンソースソフトウェア、ハードウェアへの取り組みが行われており、デバイスやネットワーク、ソフトウェアなど幅広い分野のプロジェクトが進んでいるため、時には維持が困難な状態に陥るが、全ては計画的に行われており、無計画なものではない。

Facebookのエンジニアリング・ディレクターYael Maguire氏は、プロジェクトの初期から一貫していることはどのプロジェクトにも特効薬がないということだ。エコシステムの様々な部分に貢献しようとしており、Teragraphを設置した都会やExpress Wi-Fiを提供する郊外の市場など多様だ。とMWCのインタビューで語った。

同社は今回のMWCでも種々のプロジェクトや新たなパートナーとの提携により、刺激的なプロジェクトを拡大させる。Picture1

数多く存在するプロジェクトの中でもひときわ目をひくのは、Internet para Tods(IpT)Peruと名付けられたプロジェクトだろう。同プロジェクトでは郊外で採算の取れるプロバイダーを提供しようと試みており、全ての通信事業者に向けて解放されるオープンアクセスなネットワークである。TeleffoniaとIDB Invest、CAF(ラテンアメリカの開発銀行)が共同開発社として名を連ねる。Maguire氏は、他の世界中の地域は言うまでもなくペルーの郊外のような小さな地域でこのようなプロジェクトの実施は経済面で非常に挑戦的なプロジェクトだろう。今回のアイデアにより、オープンアクセスという共通のインフラ構築が実現されれば、他社がビジネスモデルを革新し競争が生まれるだろう。そして、IpT Peruに終わりが来ることが最終的な望みだ。と語った。Facebookは今回のビジネスモデルが軌道に乗った暁には転用することを望んでおり、現時点では実験的な内容であると言えるだろう。小さな郊外に新たなインフラが接続されたことで生まれる経済圏に地元企業が目をつけることが、経済発展の予兆となる。

ナイジェリアでは750kmにも渡るオープンアクセスファイバーのプロジェクトも地方自治体と共同で行われており、100万人以上のアクセスを可能にしようと試みている。過去にウガンダで行われた同様のプロジェクトから、どのように巨大な水域にファイバーを敷設するかなど多くを学んでいる。Maguire氏はナイジェリアでのプロジェクトのために多くの新しい技術は開発しておらず、比較的小さなプロジェクトであることを認めている。だが、今回で終了するわけではなくアフリカやラテンアメリカ、アジア太平洋など世界中に展開される予定だ。

また、別プロジェクトのExpress Wi-Fiサービスでは南アフリカのCell CとガーナのVodafon、フィリピンのGlobeと新たな提携を発表したが、インド、ナイジェリア、ケニア、タンザニア、インドネシアとの提携の中でも特別な存在だろう。Express Wi-Fiは、インターネットプロバイダーとMNOと協力することでビジネスとして成立させ、起業家達が地元の人々へとサービスを提供するためのツールである。

オープンソースプロジェクトに関してはMagmaがローンチされることが発表されており、通信事業者がモバイルネットワークの発展を簡単にする。最も成功したプロジェクトの内の1つであるTerragraphでは都市部や郊外で高速の接続環境が実現された。現在、アテネとクリティバで新たな試みがスタートしており、既に生産も開始されている。

しかし、導入地域への影響が大きくともプロジェクト規模は小さいと言えるだろう。重要なのは、以前から搭載されていたNokiaやRadwinに加え、MikrotikとCambium Networksのサポートが得られると言うことだろう。

Maguire氏はFacebookがインフラプロジェクトに力を入れ、起きている全てのことから学び私達がどのような役割を担っているかを理解することも大事だが、それ以上に私達のやることがFacebookのミッション達成に寄与することの方が重要だと語った。

YouTubeは広告主にとって完全に安全なのか?その答えは「いいえ」のように見える。

https://www.adweek.com/programmatic/can-youtube-ever-be-completely-safe-for-advertisers/Picture1

YouTubeブランドの安全性について今週話題に上がったのは、そのコメント欄についてである。そして今や、プラットフォーム上の無害なコンテンツでさえ、広告主にとって100%安全ではないようだ。

先日もまた、広告主にとっての聖域でもあるユーザー生成コンテンツポータル特有の欠陥を強調することになった。ディズニー、ネスレ、ロレアルなどの主要ブランドは、水泳や体操をしている子供たちの「無害な」ビデオに広告を掲載しており、それは表面的には問題ない。ただ、コメントをスクロールしていき、小児性愛者のコメントが表示されていた場合、問題が発生する。

ここ数年で見てきたように、この問題はおそらく、あまりにも馴染みのある一連の流れを辿るだろう。ブランドは懸念を深め、買い手は肩をすくめるが、結局プラットフォームは紙幣を印刷し続ける。YouTubeは主要広告代理店や持ち株会社からの代表者を集め、彼らの懸念に対処するための電話カンファレンスを開催するなど、大規模な対応を始めた。

Adweekは、YouTubeがその後関係者に配布した資料のコピーを入手した。そのメモによれば、同社は対応が必要となりそうなコメントが掲載されている可能性がある「数千万のビデオ」に対するコメントを停止し、「チャンネル−全く無害ではあるが悪い人々を惹きつけてしまうようなチャンネル−に広告が掲載されてしまう事」の微調整に取り組んでいるという。

期待外れのパフォーマンス

これらの問題についての直接的な知識を持つ株主である幹部は匿名で、YouTubeが2017年にブランドの安全性を改善しようとした努力は期待に応えなかった、とAdweekに語った。

「彼らは電話で具体的に、YouTubeにとって、この問題を解決するには量が多すぎると述べた。そのため、機械学習に頼り、優れたコメントを上位のコメントカテゴリに表示させるように、また他のタイプを降下させるようにするしかないだろう。」とその情報筋は語った。

電通イージスのグローバル・メディアパートナーシップの責任者であるクライヴ・レコード氏は、「これまで続いてきた論争やGoogleが行った機械学習によるキュレーションの努力にもかかわらず、ユーザー生成コンテンツに関してはこのようなリスクが避けられない」と述べた。

「広告主は、そのリスクを管理するという点で、Googleとその代理店の両方に高い期待を寄せてはいるだろう。ただし、フェイルセーフはあり得ないことも認識しておく必要がある」と彼は付け加えた。

Googleのポリシーにより、サード・パーティによる手助けはできない

広告主がオーディエンスデータに基づいて広告を購入するのに最適な場所を自動的に特定するのに役立つプラットフォームであるBeeswaxのCEOであるアリ・パパロ氏は、何十億ドル規模のビジネスの運用におけるこのような亀裂を「ばからしい」という。

「ここで覚えておくべき非常に重要で微妙な点は、GoogleがAPIの提供を拒否していることだ。」とパパロ氏は述べた。「その結果、彼らはこれらに対して何かしらの対応をすることができる[サードパーティ]の可能性を放棄している。」

 

 

購入可能な広告が登場し、TikTokはより多くのマーケティング担当者に人気のプラットフォームになるだろう

TikTokはよりよい測定方法を加えるために協議中だ

https://www.adweek.com/programmatic/biddable-ads-are-coming-to-tiktok-opening-up-the-popular-platform-to-more-marketers/Picture1

TikTokは米国内で4000万人の10代手前、ティーン、ヤング・アダルトのユーザーを抱えていると報告している。

TikTokは米国の代理店パートナーに、プラットフォーム上で購入可能な広告オプションに取り組んでいること、また広告主と彼らのデジタル・ドルに対してさらにオープンにすることを目指していることを伝えている。

メディアバイヤー達は、「TikTokの代表者らは、自己管理型プラットフォームで欲しい広告インプレッションに対して広告主が互いに購入できる選択肢を用意していると語った」、とAdweek誌に話した。バイヤーの1人は、この夏に購入可能なオプションが利用可能になると予想していると述べ、購入可能なプラットフォームがより高度なターゲティング方法とより優れた測定ツールと共に登場すると予想している。

バイヤーは、Adweek誌に匿名での掲載を希望した。そうすることで、取引関係を危険にさらすことなく、プライベートな会話の詳細を共有できるからである。

あなたが25歳以上でTikTokが何であるか疑問に思っているならば、以下を参考に。TikTokはVineのようなモバイルアプリで、ユーザーは短いビデオを作ったり見たりすることができ、通常は音楽も設定する。このアプリは、TikTokの親会社が本社を置く中国市場ではすでに人気があり、米国では4000万人のアクティブユーザーを抱えている。そのほとんどが子供、10代、若者である。

現時点では、TikTokは広告主に直接IO(広告掲載オーダー)購入のみを提供している。広告主はプラットフォームと直接連携して広告を購入および配信する。今年、米国で広告のテストを開始したTikTokは、インフィードビデオ広告、ユーザーが最初にアプリを開いたときに表示されるブランドのテイクオーバー広告、バナー広告を含む4つの異なる広告フォーマットを広告主に提供している。TikTokユーザーに対して、ブランド企画のビデオチャレンジや、自分のビデオで使用することを選択できるブランドレンズへの参加を誘導している。

ブランドの広告は、5万ドルから10万ドルの範囲で購入可能だと、バイヤーは語る。またあるバイヤーも、公になっていない金額を話すために匿名を希望した。そのバイヤーは、ハッシュタグ・チャレンジ(ブランドやコンテンツ制作者が動画をアップロードしてハッシュタグを付け、他のTikTokユーザーに同じハッシュタグを使って自分のバージョンの動画を制作することを推奨する)は、6日間のプロモーションで15万ドルにて販売されていた。これらのハッシュタグ・チャレンジに対して、TikTokは他の広告ユニットを通じてハッシュタグ・チャレンジを促進するためにさらに10万ドルから20万ドルの予算を組むようバイヤーにアドバイスしている、とバイヤーは言った。Picture1

今月のTikTokユーザーのフィードには、このようなインフィードビデオ広告が掲載されている。

 

TikTokが米国で拡大し、平均以上の利用時間とインターナショナルであるという魅力があるため、メディアバイヤーと彼らのクライアントはTikTokに注目している。米国外のオーディエンスにアピールしようとしている多国籍ブランドや、より若い消費者にアピールすることに興味を持っているブランドは、特に興味があるようだ。

 

Mindshareの創設者でありマネージングディレクターであるジャネット・レヴィーン氏は、このプラットフォームは10代にリーチし、長期的なブランドロイヤルティを築くことができるため、興味をそそるものだと語っている。

「あなたは、マーケティング担当者がリーチしたいと思うZ世代の人口統計を持っているのだ。特にその世代への若者へのマーケティングに関しては、購入制限やターゲティングの制限があるため、他ではリーチするのが難しいかもしれない。」

一部のブランドはすでにこのプラットフォームに広告を投下している。たとえば、GrubHubは2月にこのアプリでブランド広告キャンペーンを実施し、昨年デニムブランドのGuessはブランドハッシュタグ・チャレンジ、#InMyDenimを発表している。11月には、Jimmy Fallonがハッシュタグ・チャレンジでアプリをPRし、オーディエンスに#tumbleweed challengeビデオをアップするよう促した。2月中旬の時点で、TikTokの#tumbleweedchallengeでタグ付けされたビデオは、2600万を超える再生回数を記録している。

ネスレとディズニーがYouTubeから広告を取り消しーYouTubeの子供に関するビデオの取り扱い方が発端に

https://adage.com/article/news/nestl-disney-pulled-ads-youtube/316710/Picture1

あるブロガーが、Googleが所有するビデオサイトYouTubeでのコメント欄がどのように「ソフトコア(性描写が露骨でなく暗示的な)の小児性愛者たち」を促進するために使われていたかを説明した後、ネスレやウォルト・ディズニーはYouTubeでの広告を下げたという。問題があるビデオのいくつかに、ディズニーやネスレの広告があったのだ。

ネスレの広報担当者はメールで、「米国のすべてのネスレ関連会社はYouTubeでの広告の掲載を一時停止した」と話した。ビデオゲームメーカーのEpic Games Inc.とドイツの食品大手Dr. August Oetker KGも、彼らのブランドの広告がそれらのビデオの前に再生されることが示された後、YouTubeへの広告投下を延期したと述べた。情報筋によると、ディズニーは広告支出を保留にしたようだ。

ビデオブロガーのマット・ワトソン氏は日曜日に20分のビデオを投稿し、若い女の子が鏡の前でのポージングや体操を行うなど性的なことを連想させる行動をしているようなビデオを特定するために、YouTubeのコメントがどのように使われているかを詳しく説明した。ワトソン氏のビデオでは、ユーザーがいずれかのビデオをクリックした時に、どのようにYouTubeのアルゴリズムが似たような動画をお勧めするか、を説明している。水曜日までに、ワトソン氏のビデオは170万回以上見られている。

YouTubeの広報担当者は、「コメントを含む全てのコンテンツにおいて、未成年者を危険にさらすようなコンテンツは不適切であり、YouTubeではこれを禁止する明確なポリシーを設定している」とメールで話した。これらの動画への広告費用の合計は過去60日間で8,000ドル未満であり、YouTubeは払い戻しを予定している、と広報担当者は述べた。

2年前、Alphabet Inc.のGoogleが所有するビデオサイトであるYouTubeで、過激な暴力的なコンテンツの横に広告が掲出された後、いくつかの主要な広告主がYouTubeからの広告支出を取りやめた。YouTubeはまた、子供向けの不適切な動画をホストしているという批判にも直面している。Googleはこの問題について、広告主に安心感を与えるために過去2年間でいくつかのステップを踏んでいる。P&GやAT&Tなど、YouTubeをボイコットしたブランドの多くは、その後YouTubeでの広告を再開している。

YouTubeは、適切さの「境界を越える」コンテンツをどのように扱うかについての、最新の方針を発表した。

2019年、予想される5つのデジタルマーケティングのトレンド

https://www.forbes.com/sites/theyec/2019/02/19/five-digital-marketing-trends-to-expect-in-2019/#2bcbf9d95d43

Picture1昨年は、ソーシャルメディアでの成功への鍵が、「社会的に意識されていること」にあったという教訓があった。またそれは、画像は1000語の価値があり、ビデオは100語の価値があることを含めて、だ。2019年も新しいトレンドが生まれるだろう、特に広告代理店業界では。2019年にマーケティング担当者の目を引く(そして対処する)だろう、いくつかの重要なトレンド予測を紹介したい。

インフルエンサーの継続的な成長

問題は、ブランドがインフルエンサーを説得すべきかどうかではなく、どのようにインフルエンサーマーケティングを最も効果的に実行するか、である。2018年を通して、私の所属している広告代理店では、クライアントの希望する規模と予算に基づいて確実な方法でオーディエンスとつながるために、クライアントに関係する分野のマクロとミクロインフルエンサーを起用することの重要性を強調していた。キーになるのは、この影響力が増え続けている現象を、どのように利用するかを知ることだ。

Instagramがインフルエンサーキャンペーンの最適なプラットフォームであることが証明されている。昨年のインフルエンサーコラボレーションの93%がこのプラットフォームで行われた。ブランド固有のインフルエンサーネットワークとの長期的な関係を築くことで、最も一貫性のあるメッセージングと信頼性が得られることもわかっている。

カスタマーサービスと体験におけるAIの統合

マーケティング担当者の仕事としてボットを利用するということは一度もなかったが、人工知能(AI)の可能性は、昨年のチャットボットをはるかに超えて広がった。Alexaのような音声認識システムからAva for Autodeskのような完全に開発されたペルソナまで、仮想エージェントさえも改良されつつある。

それでも、ブランドにとっての「ワォ!」要素は、単に音声コマンドだけではない。画像認識システムは、広告主がクライアントに提案することに熱心であるべきAIの1つの側面だ。GapやTargetなどの小売業者がすでに独自のシステムを導入しているため、画像ベースのデジタル支払い、注文確認、商品検索などの可能性が見えてきている。

Instagramの)ストーリー

InstagramがSnapchatの象徴的な機能を実装した後から、ほぼすべてのプラットフォームが独自のバージョンの「ストーリーズ」を実装してきた。Z世代と若いミレニアル世代は、Instagram利用においてメイン層であるが、現在はすべての世代がそのプラットフォームとその機能を楽しんでいる。

クリックするだけでストーリーのコンテンツを1人のユーザーから他のユーザーに共有できるため、ブランドのフォロワーにとって、発売予定の新商品やコラボレーションを簡単に広めることができるのだ。[検索]タブで、キャンペーンのハッシュタグを使用して、ポストのフィードやストーリーの場所を特定することができる。そしてもちろん、ストーリーの投稿は完璧なグリッドやフィードを作る、というプレッシャーを取り除く。このライフタイムの短さは、ポスト戦略をわずか24時間で再考し、再構築することができる。

プライバシーモードに入るデータ

2018年春のFacebookの監視により、倫理的で透明性の高いデータ利用に対する、消費者の新たな要求が生まれた。ザッカーバーグ氏がPRの悪夢に対処している間、マーケティング担当者はコンテンツを開発しオーディエンスに配信する方法を再構成しなければならなかった。

私が所属している広告代理店は、カスタマイズされたコンテンツがすべての人にとってメリットがあることを知っている。それは、より良い製品を消費者に提供し、より良い投資収益をブランドにもたらす。そしてありがたいことに、消費者はそれに同意する− ブランドが彼らの力を乱用しない限り。したがって、データを完全に放棄するのではなく、信頼を失うことなく視聴者の見識を維持するためのいくつかの方法を模索することをお勧めしたい。

ライブ配信

ソーシャルプラットフォームでのライブビデオの利用は、2018年にはブランドの常識となり、2019年になっても成長し続けると予測している。Facebookのレポートによると、Facebookライブの日々の視聴数は、年間を通じて4倍になったという。また現在、Facebook上にポストされている5つのビデオのうち1つはライブビデオである。

私達は、クライアントに対し、本社での舞台裏から会議やイベント、製品のデモンストレーション、Q&A、インタビューなどのライブビデオをソーシャルメディアの運用プランに入れ込むことをお勧めしている。これらのライブで行われる会話は、ブランドと消費者の間のより個人的な接点を提供し、リアルタイムの対話と対話を可能にする。最も重要なのは、ライブビデオは無料のサービスであるということだ。物理的に一緒でなくても、消費者とブランドは密接な瞬間と経験を一緒に共有することが簡単にできるようになったのだ。

2019年の2か月が経ち、行動を起こす時が来ました。上記のトレンドを知りアドバイスを取り入れることで、あなたは今、あなたの現在のクライアントとさらに強い関係を築き、より大きく、より多様なオーディエンスの注目を集める確信を持っているだろう。

 

ティーンエージャーにリーチするためプランド・ペアレントフッドがチャットボットを開発【出典】1/24/2019 https://www.wsj.com/articles/planned-parenthood-develops-chatbot-to-reach-more-teens-11548330300

【出典】1/24/2019
https://www.wsj.com/articles/planned-parenthood-develops-chatbot-to-reach-more-teens-11548330300

Picture1

プランド・ペアレントフッド(アメリカで人工妊娠中絶手術、避妊薬処方、性病治療などを行っている医療サービス非営利組織)はもっと多くの若者に性教育行うため性に関する質問に答えることができるチャットボットを開発した。

現役高校生のアドバイスを受けながら開発されたこのAIツールは中絶・政府から受けられる医療サービスなどの情報も提供することができる。

「現代社会において様々メソッドを用いて医療情報や教育サービスを提供することがさらに重要になっている。チャットボットはもっと多くの人々に情報を提供するための試験的ツールだ」と同組織のプレジデントLeana Wen氏は語る。

政府の保守派層たちは長年にわたり、低コストまたは無償で女性に対し医療サービスを提供する同組織への資金を凍結しようとしている。Rooと呼ばれるチャットボットは性教育などを受けづらい環境にいる若者にリーチするために開発された。今回のチャットボット開発にあたり、同組織は民間から得た助成金を使い14ヶ月間かけて作り出した。

チャットボットの対象年齢はオンラインに多くの時間を費やす13〜17歳で、STD、バースコントロールなど様々なトピックに対応している。同組織のウェブサイトから利用可能、ボットは施設の紹介やライブの担当者に繋ぐことも可能だ。「若者の情報処理の方法は変化しており、我々は若者がどのように情報得ているか理解している。だからこのチャットボットをスマホなどのモバイル機器でも対応可能だ。」

両親のようにガミガミ言われたりするのではなく、匿名性が守られるこのチャットボットを若者は好意的に感じている。

同組織はデジタル施策をほかにも行なっている。同組織に所属する教育者とチャットができるメッセージシステムや生理管理・バースコントロール管理アプリのSpotなどだ。

エッジーなブランド:SNS上で、生意気さをキープしながらも、センスよくいるための方法

March 2019 Report 8 A

ほとんどのブランドにとってのソーシャルメディア戦略とは顧客のクレームに対し迅速に対応する事、自社に関するアナウンスメントをする事の二点である。それ以上にソーシャルメディア上で目立つためには何が必要であるのか?エッジーなブランドは、個性を見せる事により、ソーシャルメディア上でオーディエンスを獲得する。あなたのブランドはソーシャルメディア上で飛躍する準備ができているか?更なるインスピレーションを得るために、ノンプロフィット、ヘルスケア、観光事業、スポーツチーム、ガバメントエージェンシー、テレビ番組による、トップメディアキャンペーンを下記に記す。

 

ソーシャルメディア上で目立つためには何が必要か?

 

良いコンテンツ?影響力のある有名人?それとも、愛くるしい動物?

 

現在、人々は顧客に対し不正直なブランドやソーシャルメディア上のコンテンツに対し、以前よりまして警戒するようになった。数年前には有効だったマーケティング戦略は急速に時代遅れになりつつある。

 

最近のソーシャルメディアの動向を見ると、エンゲージメントとパブリシティの点で、明確に他社に勝っているブランドは、個性をアピールする事に優れている。エッジーなブランドは、少し生意気さを交えながら、SNS上でその個性を際立たせている。これが、私たちが三つの素晴らしいブランドを紹介する理由であり、それらのブランドはオーディエンスのマインドをつかみながら、ブランドを最先端にする方法を知っている。

 

 

強気で生意気だがセンスのいい、3つの素晴らしいエッジーなブランドの例

 

ブランドがSNS上でシェアする個性は、さまざまなコンテンツが集まるインターネット上で魅力を発揮する。その個性を明確で説得力のあるものにするためには、コンテンツの背景に、スパムロボットではなく、現実の人々がいるという事実を明らかにすることが必要である。さらに、その個性は、私たちのフィードを構成する単調でつまらない投稿にユーモアを加えてくれるのだ。

 

 

Merriam-Webster(辞書メーカー)

 

ここ2年で、SNS上で成果を見せたエッジーなブランドの一つとして、Merriam-Websterがまず挙げられる。(そう、辞書ブランドである。)

Merriam-Webster dictionaryのオフィシャルTwitterアカウントは、ソーシャルメディア上でバイラルになり、PRセンセーションを巻き起こした。

 

Merriam-Websterは主にTwitterを利用し、私たちが日常的に使用する言葉の背後にある興味深いインサイトをシェアしている。

March 2019 Report 8 B

Merriam-Webster

@MerriamWebster

「独創的」:独創性、機知、および巧妙さによって特徴付けられる

「無邪気な」:無実または子供らしい単純さと率直さを示す

♡289 7:48 – Oct 18, 2018

https://www.merriam-webster.com/words-at-play/ingenious-ingenuous-usage-difference

‘Ingenious’ and ‘Ingenuous’: タイプミス以前に

一つは賢く、もう一つは子供っぽい

 

しかし、Merriam-Websterが本当に魅力を発揮するのは、辞書ブランドならではの言葉の力を使い、完璧なタイミングで、現代のカルチャーニュースや出来事に関するツイートにコメントをする時である。

March 2019 Report 8 C

Merriam-Webster

@MerriamWebster

*コソコソ話*現代の使用では、事実は実際に存在するものを指すと理解されている。

♡39.7k  3:50 PM – Jan 24, 2017

https://www.merriam-webster.com/news-trend-watch/conway-alternative-facts-20170122

トレンド分析:コンウェイ:「代替的事実」

Kellyanne Conway氏が虚偽の記述を「代替的な事実」として説明した後、「事実」というワードの検索が急上昇した

Merriam-Websterのソーシャルメディアチームは、ニュースや話題になっているトレンドに対し、単語を使った言葉遊びで皮肉めいたコメントをすることで、「実際に直接コメントすることなくコメントする」という巧妙な芸術を理解している。これにより、2018年には何千ものメンション、多くのエンゲージメント、そして驚くべき量のソーシャルメディアへのリーチをもたらした。

March 2019 Report 8 D

デニーズ

 

 

SNS上で、面白おかしいコンテンツを投げかけ、どんな面においても奇妙に目立ってしまうようなエッジーなブランドといえば、デニーズ以外にない。

 

デニーズによりソーシャルメディアの好戦略の限界とはどのような物かを、二度にわたり考えさせられるだろう。デニーズは、最初、オーディエンスに投稿写真を何度もズームインさせるよう促すいたずらをツイッターで行い人気を獲得した。

March 2019 Report 8 E

Denny’s

@DennysDiner

シロップをズームしてみて

♡393K 1:47 PM – Mar 1, 2017

 

ソーシャルメディアで存在感を深めることで、デニーズの個性はあらゆる点で輝いている。例えば、彼らのツイッターの企業プロフィールには下記のように記載されている。

 

「我々は元気です。私たちはKrusty Krab(スポンジ・ボブで登場するファスト・フード店)ではありません。ようこそ、アメリカのダイナーへ」

 

デニーズのソーシャルメディアチームは、風変わりで、強気で生意気であり、そしてエッジーでいる事を恐れていない。

March 2019 Report 8 F

Denny’s

@DennysDiner

もし私たちが、個別にフライドポテトを包んだ場合はどうなりますか? ただイライラするだけなので、私たちはしません。 どういたしまして。

♡4,921 10:09 AM – Oct 14, 2018

531 people are talking about this

 

さらに、彼らはターゲット顧客を深いレベルで理解している。

March 2019 Report 8 G

Denny’s

@DennysDiner

人生で確実に訪れる事は以下の三つのみである。死、税金、そしてハムレットの舞台を終えデニーズで食事をする劇団員だ。

♡24.5k 11:23 AM – Sep 30, 2018

4,713 people are talking about this

 

最も重要なことはデニーズは恐れず時事ネタに踏み込むことだ。例えば2017年SNS上で誰もがSnapchatのストーリー機能に対し議論していた際、次のようなジョークを発信した。

March 2019 Report 8 H

Denny’s

@DennysDiner

2017年のワッフルにストーリーが追加される

♡11.8k 10:28 AM – Apr 6, 2017

4,488 people are talking about this

 

繰り返しになるが、ちょっとした個性は、特にアメリカ人が大好きなダイナーであるデニーズにとって、大いに役立つものである。

 

 

 

 

Hamburger HelperTVディナー商品)

 

ソーシャルメディア上で、生意気さと賢さの両方を兼ね備えるブランドの話になると、Hamburger Helperをあげざるをえない。

プロフィールのカバー写真からブランド説明の欄までのすべてが、個性的であり、充実している。

March 2019 Report 8 I

そして、やり手のブランドが、ソーシャルメディア上でランダムに見知らぬ人を揶揄し、ジョークを言う時代において、あなたは、ソーシャルメディア上で本物の「食品」ブランドとして分類されていない、食品ブランド(調理が簡単なTVディナーなので)から、なにか学びたいと考えるであろう。ところが、Hamburger HelperはSNS上で、一般人を揶揄する行為を実際、頻繁的に行っている。例えば、Chrisという一人の男性は、Hamburger Helperの作りやすさについてツイートした。

March 2019 Report 8 J

chris

@CBEV_3

告知:Hamburger Helperの混ぜ方を知っていても、良い妻になる理由とはならない

♡2,215 3:20 PM – Oct 2, 2017

855 people are talking about this

 

この時の彼は、Hamburger Helperがソーシャルメディア上の隅々まで潜んでいることを全く知らなかった。

March 2019 Report 8 K

Helper

@helper

じゃあ、これは良い夫になる為の理由となるの?

♡276K 10:27 AM – Oct 4, 2017

75.6K people are talking about this

このツイートのように、@helperは、75,000以上のリツイート、279,000以上のいいね、77,000以上のコメントを獲得し、ソーシャルメディアの歴史上での確固たる地位を得た。

 

このツイートの流れに乗かった人々については言うまでもない。

March 2019 Report 8 L

Eldritch Uncle Pennybags

@DirectingTitan

お前のお尻のようなセクシーなグローブで奴をやっつけろ

♡19.9K 7:10 PM – Oct 4, 2017

 

教訓:ソーシャルメディア上で顧客を炎上させる必要はない。(実際、お勧めしない。)しかし、あなたのソーシャルメディアのアカウントには、時と場にふさわしい揶揄が必要なのかもしれない。

 

エッジーなブランドのための主な教訓

 

もしこの記事を読んで、あなたが最初に実行しようとしている事がソーシャルメディア上で人々を揶揄し始めることであるなら、それはするべきではない。うまくその方法を活用できるブランドはごく少数ブランドのみである。

 

その代わりに、あなたのブランドがどのような個性的な強みを持っているかを見極ること。 それから、あなたの本当の声をソーシャルメディア上で輝かせ始めてみよう。スパムロボットのようではなく、本物の人間のように話し、応対すること。

 

それが面白さ、賢さ、愚かさ、あるいは生意気さによって際立たされる物であろうとなかろうと、全てのブランドは、ソーシャルメディア上で発信するべき個性を持っている。

 

2018年、ブランドの失敗ベスト10

【出展】12/24/2018

https://adage.com/article/cmo-strategy/10-biggest-brand-fails-2018/315982/

Picture1上記写真:ドルチェ&ガッパーナ インスタグラムから

トンマナがあっていない広告、人種差別的ツイートやタグライン-多くのブランドはいまだにマーケティングのシンプルなルール、「人々を怒らせてはいけない」をマスターしていない。本記事では、今年マーケティング担当者が、広告・商品・公式コメント・内部のオペレーションで起こしてしまった最も大きな間違いを紹介する。

 

H&Mのパーカー

Picture1

その小売店は、黒人の子供が「ジャングルで最もかっこいい猿」という文字が書かれたパーカーを着ている広告をポストした。多くの人々がH&Mを人種差別だと批判し、その子供のモデルのための反対運動と安全に対する人々の懸念から、お店は一時閉店することになった。

Revolveの体型批判Picture1

「デブは美しくない。それはただの言いわけ(being fat is not beautiful, it’s an excuse)」という文字が書かれたスウェットも炎上した。LPAというブランドとレナ・ダナムを含むセレブリティ達とのコラボレーションのこのアイテムは、ロサンゼルスをベースにしている小売店Revolveのみで売られたが、すぐさま販売は中止された。

アマゾン

その小売大手のサイトは、36時間のプライムデーの開始わずか数分でアクセス障害が発生。それでも、その休日には1億を超える製品が販売された。Picture1

ヴィクトリアズ シークレット

CMOのエド・ラゼック氏VOGUE誌に対して、トランスジェンダーとプラスサイズのモデルはヴィクトリアズシークレットのランウェイ・ショーでランウェイをするべきではないと語った。その直後すぐに、CEOのジャン・シンガーの電撃辞任を発表した。

スナップチャットのデザイン変更

新しいプラットフォームのデザイン変更が非常に悪かったため、ユーザーはその変更を元に戻すよう声を上げた。 同社は、その悲劇によりユーザーの2%を失ったと語った。 カイリー・ジェンナーでさえそのアプリを使わなくなった。

ハイネケンのキャッチフレーズ

ハイネケンは、ライト・ビールを販売するために「”sometimes lighter is better”=軽い(色が明るいの意味もあり)方がより良い場合がある」と宣伝し始めた。 多くの人がそのTVCMを「人種差別主義的」と批判し、チャンス・ザ・ラッパーと彼の700万人を超えるTwitterのフォロワーが起訴した。ハイネケンはそれについて「ミスを起こした」と認めた。

Picture1

マスターカードの食事配給

消費者は、国際連合世界食糧計画が発表した、「ブランドアンバサダーであるリオネル・メッシとネイマールが得点したゴールごとに10,000の食事を配給する」というはあまりにも奇妙であると批判した。また人々は、マスターカードは、単に食事を配るべきだと述べた。 キャンペーンは取り消しになった。

マリオットの中国批判、そしてデータハック

マリオットは、顧客調査の対象国として「チベット、香港、マカオ、台湾」を挙げたとき、彼らは中国政府を怒らせてしまった。中国がその4つの国すべての主権を主張しているからである。中国当局はマリオットの中国のウェブサイトとアプリを1週間閉鎖した。 さらに、マリオットは史上最大とも言えるデータハックを経験し、スターウッドの施設で5億人の消費者に影響を及ぼしました。それにより現在、集団訴訟に直面している。

ドルチェ&ガッパーナの人種差別主義的広告

イタリアの食べ物を食べるのに苦労している中国人女性を描いた一連の広告は、消費者のボイコットと人種差別の非難(初めてではない)によって猛攻撃された。ドルチェ&ガッパーナは上海のファッションショーをキャンセルした。

Facebookの100万回以上のミステイク

ソーシャルメディアの巨人であるFacebookは今年、1つだけミステイクの名前を付けるには多すぎるミスを犯した。そのため、Ad Ageはこの件に関して別のリストを作成している。